2011年11月17日

【民商法】不法行為法【1981年】から【2011年】まで

(2011年11月30日更新)

【2011年】
『最新中国ビジネス法の理論と実務』田中信行編(弘文堂)




中国法を知れば日本法が分かる!(第5回)不法行為法
ビジネス法務
射手矢好雄

中国ビジネスを成功させる契約法務の基礎知識(4)損害賠償の請求方法
会社法務A2Z
韓晏元

中国不法行為責任法における責任負担方法
中国研究月報
文元春

翻訳 張広良「中国における知的財産権侵害の民事救済」第十章 知的財産権の民事救済と行政救済、刑事救済
早稲田法学
張広良・小口彦太(訳)・胡光輝(訳)

翻訳 張広良「中国における知的財産権侵害の民事救済」(11)第九章 知的財産権侵害の訴訟時効
早稲田法学
張広良・小口彦太(訳)・胡光輝(訳)

中華人民共和国侵権責任法についての一考察
法学ジャーナル
黒瀧晶

二一世紀の日中不法行為法の諸課題--中国における法制定を契機に
北大法学論集
吉田邦彦


【2010年】
『日中民法論壇』早稲田大学孔子学院編(早稲田大学出版部)

【送料無料】日中民法論壇

【送料無料】日中民法論壇
価格:3,780円(税込、送料別)




中国の「権利侵害責任法」の制定について(中国最新法律事情154)
国際商事法務
胡■(Han)

中国権利侵害責任法について
国際商事法務
朱宝玲

中華人民共和国不法行為法
法律時報
森脇章・石黒昭吉(訳)

中国不法行為法(侵権責任法)の制定と中国民法の動向
法律時報
加藤雅信・森脇章

中国における新しい不法行為法の制定
ジュリスト
住田尚之

権利侵害責任法の制定(海外法律情報 中国)
ジュリスト
岡村志嘉子

中華人民共和国権利侵害責任法(不法行為法)の解説
NBL
住田尚之

中国の「権利侵害責任法」(不法行為法に相当)が公布される――損害賠償以外の救済方法をも規定(NBL Square)
NBL
遠藤誠

不法行為法の制定(立法情報 中国)
外国の立法
富窪高志

中国「権利侵害責任法」の概要紹介
JCAジャーナル
姚重華

中国不法行為責任法典の現代化(オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務33)
JCAジャーナル
王晨

中国「不法行為法」施行のインパクト 懲罰的損害賠償でビジネスリスク増大!
ビジネス法務
射手矢好雄

中国の不法行為法の制定。本当に訴訟リスクは増大するのか。十の特徴と企業活動への真のインパクト
ザ・ローヤーズ
森脇章

外国法令紹介 中華人民共和国権利侵害責任法
ICD news

「中華人民共和国権利侵害責任法」立法の関連状況について
ICCLC
石宏、沖野眞已

中国権利侵害責任法における知的財産権等諸問題
企業と法創造
兪風雷

校外活動における学校の責任[広州市中級人民法院2007.12.14判決](中国裁判事例研究3)
比較法学
奥田進一

翻訳 張広良「中国における知的財産権侵害の民事救済」(8)第六章 損害賠償
早稲田法学
張広良、小口彦太・胡光輝(訳)

中国最高人民法院の精神損害賠償および人身損害賠償に関する二つの司法解釈
名古屋大学法政論集
宇田川幸則

中華人民共和国不法行為法(2)
産大法学
西村峯裕・周哲

中華人民共和国不法行為法(1)
産大法学
西村峯裕・周哲

中華人民共和国侵権責任(不法行為責任)法について
福岡大學法學論叢
浅野直人・林中挙

中華人民共和国不法行為責任法(仮訳)
高岡法学
銭偉栄

中華人民共和国不法行為責任法
法学雑誌
王晨(訳)

中国の侵権責任法(不法行為法)の概要と比較法的特徴
静岡大学法政研究
朱曄

中国の新「不法行為法」と環境責任
立命館法學
張挺


【2009年】
重要法令解説 中国交通事故賠償のいくつかの問題-道交法76条の論争を中心に
中国法令
粟津光世

翻訳 張広良「中国における知的財産権侵害の民事救済」(7)第六章 損害賠償
早稲田法学
張広良、小口彦太・胡光輝(訳)


【2008年】
重要判例紹介 ブログ無断転載損害賠償請求事件
中国法令
鮑栄振

瑕疵ある出資持分の譲渡における出資者の民事責任に関する事例[江蘇省高級人民法院2006.10.9判決] (中国案例百選142)
国際商事法務
田漢哲

パイロットのヘッドハンティングに関する損害賠償・違約金に関する事例(中国案例百選134)
国際商事法務
細見孝次

中国精神損害賠償法の今日的位相
社会体制と法
宇田川幸則

翻訳 張広良「中国における知的財産権侵害の民事救済」(4)第四章 訴訟終了後の救済-知的財産権侵害の民事責任概論
早稲田法学
張広良、小口彦太・胡光輝(訳)


【2007年】
日本人総経理が中国人従業員を名誉毀損で賠償請求をしたケース(中国案例百選129)
国際商事法務
粟津光世

学校での傷害事故につき,加害生徒の親及び学校に損害賠償が命じられた事例(中国案例百選124)
国際商事法務
細見孝次

知的財産権侵害の帰責原則と過失推定原則(オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務4)
JCAジャーナル
谷口由記

商業ビルの二重売買詐欺で、消権法49条の懲罰賠償が認められたケース(オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務3)
JCAジャーナル
粟津光世


【2006年】
カラオケ店におけるミュージックビデオ放映が著作権侵害を構成するとして,侵害行為差止や損害賠償請求等が認められた事件(中国案例百選112)
国際商事法務
小林幹夫

了解中国特許(第11回)特許権侵害の損害賠償
知財ぷりずむ
加藤真司

実践!中国ビジネスの実務 中国市場販売のリスク・マネジメント(4)中国の人命賠償金
Asia market review

中華人民共和国民法[草案]・不法行為責任編
横浜国際経済法学
市川英一

中華人民共和国民法典草案 第8編 不法行為法--全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会
産大法学
西村峯裕・周■


【2005年】
オートバイの商標権侵害に基づく差止め,損害賠償請求が認められた事案(中国案例百選105)
国際商事法務
小林幹雄

交通事故で道路交通安全法に基づき,過失ある歩行者に50%の過失相殺が適用された事例(中国案例百選99)
国際商事法務
重村達郎


【2004年】
『現代中国法』小口彦太・田中信行著(成文堂)




騒音被害損害賠償事件(中国案例百選94)
国際商事法務
西村峯裕・周■

名誉毀損謝罪を命ずる判決が,新聞広告の方法で代替執行された例(中国案例百選91)
国際商事法務
粟津光世

中国における告知義務違反の医療事故訴訟事例(中国案例百選85)
国際商事法務
重村達郎

中国における人身損害賠償に関する一考察--「人身損害賠償事件を審理する際の法律適用に関する若干の問題の解釈」を中心に
現代社会文化研究
王愛群

中華人民共和国民法(草案)第8編 不法行為責任法(2002年12月22日第9期全国人民代表大会常務委員会第31次会議討論稿)
法学雑誌
王晨・呉海燕(訳)

中華人民共和国最高人民法院 人身損害賠償事件の審理に当たって適用される法律に関する若干の問題の解釈
立命館法學
中華人民共和国最高人民法院・岳衛(訳)

中国法における道路交通事故による人身損害賠償--損害の範囲および算定に関する新しい基準の施行について
立命館法學
岳衛

中国製造物責任法における無過失責任の受容と変容(3・完)
北大法学論集
崔光日

中国製造物責任法における無過失責任の受容と変容(2)
北大法学論集
崔光日


【2003年】
トンネル工事で珪肺病に罹患し,158名が損害賠償請求-温州市中級人民法院の本格的クラスアクション(中国案例百選74)
国際商事法務
粟津光世

中国における人身損害賠償および保険
賠償科学
阿麗莎

中国民法・不法行為法の起草について
比較法学
于敏

中国民法典草案の意義--債権総則の必要性及び不法行為法の発展について
早稲田法学
藤岡康宏

中国における精神的損害賠償額の算定について
現代社会文化研究
王愛群

中国製造物責任法における無過失責任の受容と変容(1)
北大法学論集
崔光日


【2002年】
憲法上の「教育を受ける権利」の侵害を理由とする損害賠償請求が認められた事例(中国案例百選64)
国際商事法務
重村達郎

中国損害賠償法に関する一考察--生命侵害を中心に
現代社会文化研究
王愛群

中国における原子力損害賠償法制度と新しい立法動向
東京都立大学法学会雑誌
李自衛・于敏

中国における人身損害賠償の現代的課題――製造物責任法を素材に
東京都立大学法学会雑誌
徐旭

講演 過失責任と無過失責任の交錯および中国新民法典の行方
劉士国、鈴木賢・坂口一成(訳)
北大法学論集


【2001年】
『中国民法の理論と実際』楊立新(成文堂)

【送料無料】中国民法の理論と実際

【送料無料】中国民法の理論と実際
価格:5,250円(税込、送料別)




精神的損害賠償の司法解釈(中国最新法律事情68)
国際商事法務
張和伏

法的視点から見た訴訟事案 日本C社に40億ドルの賠償を要求
中国経済
沼田安弘

法的視点から見た訴訟事案(62)中国人乗客は日航に謝罪と賠償を要求
中国経済
沼田安弘

中国社会の変容と不法行為法(4・完)過渡期におけるその多元性
北大法学論集
其木提

中国社会の変容と不法行為法(3)過渡期におけるその多元性
北大法学論集
其木提

中国社会の変容と不法行為法(2)過渡期におけるその多元性
北大法学論集
其木提

中国社会の変容と不法行為法(1)過渡期におけるその多元性
北大法学論集
其木提

中国不法行為法の諸問題――懲罰的損害賠償を中心にして
Waseda Proceedings of Comparative Law
王利明、劉迪(訳)

中国不法行為法の現状およびその主要な学術的観点
Waseda Proceedings of Comparative Law
楊立新、劉迪(訳)

中国不法行為法の帰責原則における公平責任原則の位相
早稲田大学大学院法研論集
大内哲也

中国における特許権侵害と損害賠償請求
東洋大学大学院紀要
田暉


【2000年】
高速道路上の障害物により衝突事故が発生し,賠償が認められた事例(中国案例百選44)
国際商事法務
川合宏宣

ケンタッキー店の遊戯場で負傷し,賠償請求(中国案例百選42)
国際商事法務
川村俊明

不法行為に基づく損害賠償請求で仲裁約款の適用が認められた事例(中国案例百選41)
国際商事法務
清河雅孝

中国不法行為法の現状およびその主要な学術的観点
比較法学
楊立新、小口彦太・坂口一成(訳)


【1999年】
『比較会社法研究〔奥島孝康教授還暦記念1〕』奥島孝康教授還暦記念論文集編集委員会編(成文堂)
「中国における法人の不法行為責任と会社法の制定」小口彦太




運送品の差押えに過失があることにより船主の損害賠償責任が認められた事例(中国案例百選32)
国際商事法務
清河雅孝

企業が消費者協会・工商局と新聞社を名誉棄損で訴え和解が成立した事例(中国案例百選29)
国際商事法務
川村俊明

製造物責任法における無過失責任原則の発展(1)アメリカと中国の法事情を中心として
九大法学
Beiqin Zhao


【1998年】
『中国の経済発展と法』小口彦太編著、季衛東・王晨・王利明・周劍龍・國谷知史・片岡直樹・野沢秀樹・田中信行・王亜新・Clarke,Donald C.・鈴木賢著(早稲田大学比較法研究所)
「中国不法行為法概要」小口彦太
「合うこと久しければ必ず分かれる――不法行為法と債権法の関係」王利明




産地の虚偽表示で,代金返済と懲罰的賠償が認められた事件(中国案例百選19)
国際商事法務
川合宏宣

製造物責任をめぐる慰謝料の賠償(中国における1997年度の重要判例(中国最新法律事情34))
国際商事法務
張和伏

中国の製造物責任法における帰責原理
中央大学大学院研究年報
崔光日


【1997年】
運用事故による家電製品損傷に対する賠償責任を明確化へ(中国)
海外電力
〔ケイ〕穎

中国民法通則132条公平責任原則の系譜
東方
小口彦太

中国における精神損害賠償法の形成と発展(社会主義法部会)
比較法研究
宇田川幸則

中国における精神損害に対する金銭賠償をめぐる法と実務(3・完)
北大法学論集
宇田川幸則

中国における精神損害に対する金銭賠償をめぐる法と実務(2)
北大法学論集
宇田川幸則

市場経済と中国商法の生成について――中国における経済法から民法へ,そして商法成立までの経緯
札幌学院法学
趙新華


【1996年】
中国における精神損害に対する金銭賠償をめぐる法と実務(1)
北大法学論集
宇田川幸則

中国の建築物責任と日本の工作物責任との比較研究
山梨学院大学法学論集
張玲


【1995年】
中国の道路交通事故賠償法
比較法学
梁慧星(著)、小口彦太・加藤千代・佐藤七重・首藤三千代(訳)


【1994年】
中国における交通事故の損害賠償(人身賠償・補償研究40)
判例タイムズ
野村好弘・段匡

中国の損害賠償における因果関係(医療費をめぐる諸問題等で研究報告(下)(日本賠償医学会23))
インシュアランス〔損保版〕
段匡


【1993年】
中国不法行為法に関する若干の考察--日本との比較(4・完)
東京都立大学法学会雑誌
段匡


【1992年】
『現代社会と民法学の動向〔上〕――不法行為 加藤一郎先生古稀記念』(有斐閣)
「近隣諸国・地域の原子力損害賠償法」野村好弘




『世界の交通法』日本交通法学会編(西神田編集室)
「中国における交通事故損害賠償と自動車保険」于敏




中国不法行為法に関する若干の考察--日本との比較(3)
東京都立大学法学会雑誌
段匡

中国不法行為法に関する若干の考察--日本との比較(2)
東京都立大学法学会雑誌
段匡


【1991年】
『現代中国民法論』王家福・乾昭三・甲斐道太郎編著、梁慧星・夏叔華・森下弘著、宇野木洋・齋藤敏康監訳、絹川浩敏・森美千代・星名宏修訳、張友漁・天野和夫総監修(法律文化社)
「民事責任」乾昭三

【送料無料】現代中国民法論

【送料無料】現代中国民法論
価格:3,045円(税込、送料別)




導入への外堀埋まった製造物責任-もう引き延ばせない米に続いて欧州、中国、豪州、韓国も
週刊ダイヤモンド

中国不法行為法に関する若干の考察--日本との比較(1)
東京都立大学法学会雑誌
段匡


【1990年】


【1989年】


【1988年】
補償交渉を仲介して――「不法行為」など異なる解釈(上海列車事故)
週刊法律新聞
佐々木静子


【1987年】


【1986年】


【1985年】
中華人民共和国民法の研究(34)不法行為(侵権行為)
時の法令
野村好弘


【1984年】
中国の交通事故損害賠償制度と具体的事例
交通法研究
本井巽・西原道雄・野村好弘


【1983年】


【1982年】


【1981年】
中国の損害賠償制度
ジュリスト
本井巽

損害賠償の実際
ジュリスト
西原道雄



posted by 中国龍 at 03:03| 【民商法】不法行為法・人格権法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

【民商法】人格権法【1987年】から【2011年】まで

(2011年11月30日更新)

【2011年】
現代中国における人格権法の復興(オフィースフォーティーズ 企業法務シリーズ 中国民商法の理論と実務49)
JCAジャーナル
王晨


【2010年】
一般的人格権の侵害が否定された事例[江蘇省徐州市中級人民法院2004判決](中国案例百選165)
国際商事法務
王晨

中国における労働者のプライバシーについての法律研究-雇用におけるモニター・監視を中心に
千葉大学人文社会科学研究
魏倩


【2009年】
中華人民「毒」報〔61〕露骨な感染者差別編-顔出し報道で感染者のプライバシー晒しが!新型インフルで露呈した中国の感染者差別
Spa!
奥窪優木

研究開発に関わる中国ビジネス・トラブル事例(第21回)商標権と企業名称権との衝突に起因する訴訟事件
研究開発リーダー
王東波

雇用差別と労働者のプライバシー-中国におけるB型肝炎ウイルス感染者に対する法的規制を中心に
千葉大学人文社会科学研究
魏倩


【2008年】
実演家の人格権に関する比較研究
横浜国際社会科学研究
胡雲紅


【2007年】
日本人総経理が中国人従業員を名誉毀損で賠償請求をしたケース(中国案例百選129)
国際商事法務
粟津光世

研究開発に関わる中国ビジネス・トラブル事例(第6回)日本某電気通信会社の上海事務所が肖像権侵害を理由に訴えられた訴訟事件[上海市黄浦区裁判所(人民法院)判決]
研究開発リーダー
劉新宇

中華人民共和国民法「草案」(人格権編)人身損害賠償に関する最高人民法院による二つの司法解釈とともに
横浜国際経済法学
市川英一(訳)


【2006年】
実践!中国ビジネスの実務 中国市場販売のリスク・マネジメント(4)中国の人命賠償金
Asia market review

中華人民共和国民法典草案 第4編 人格権法--全国人民代表大会常務委員会法制工作委員会
産大法学
西村峯裕・周■


【2005年】


【2004年】
名誉毀損謝罪を命ずる判決が,新聞公告の方法で代替執行された例(中国案例百選91)
国際商事法務
粟津光世

中華人民共和国民法(草案)第4編 人格権法(2002年12月22日第9期全国人民代表大会常務委員会第31次会議討論稿)
法学雑誌
王晨・呉海燕(訳)


【2003年】
中国の有名人報道におけるプライバシー侵害問題の一考察-「楊沫事件」「史可事件」を中心に
評論・社会科学
韓景芳


【2002年】
中国における名誉毀損問題と報道に対する影響-民法の施行以降の事例を中心に
新聞学
韓景芳

中国損害賠償法に関する一考察-生命侵害を中心に
現代社会文化研究
王愛群


【2001年】
『中国民法の理論と実際』楊立新(成文堂)

【送料無料】中国民法の理論と実際

【送料無料】中国民法の理論と実際
価格:5,250円(税込、送料別)




中国人格権法の発展および現状
Waseda Proceedings of Comparative Law
姚輝、劉迪(訳)


【2000年】
健康権は生命権に優先?
北京週報

グローバル市場研究 中国(最終回)広告における人格権と知的財産権
宣伝会議
祝京[ニ]

中国人格権法の発展および現状
比較法学
姚輝、小口彦太・大内哲也(訳)


【1999年】
中国における肖像権侵害をめぐる一訴訟--映画「秋菊の物語」撮影事件をもとにして
早稲田法学
小口彦太


【1998年】
<法的視点から見た訴訟事案>「喰飯香」名称権トラブル
中国経済
沼田安弘


【1997年】
中国初の身体障害者肖像権訴訟(海外法律情報 中国)
ジュリスト
岡村志嘉子


【1996年】


【1995年】


【1994年】


【1993年】


【1992年】


【1991年】
『現代中国民法論』王家福・乾昭三・甲斐道太郎編著、梁慧星・夏叔華・森下弘著、宇野木洋・齋藤敏康監訳、絹川浩敏・森美千代・星名宏修訳、張友漁・天野和夫総監修(法律文化社)
「人身権(人格権)」梁慧星、森美千代訳

【送料無料】現代中国民法論

【送料無料】現代中国民法論
価格:3,045円(税込、送料別)




【1990年】


【1989年】
家庭を破壊された「ヌード絵画大展覧会」のモデル2人が肖像権の侵害で訴え-初物づくし(海外リポート・中国)
週刊時事
斎藤良和


【1988年】


【1987年】
中国「肖像権」事情
新聞研究
孫〓剛




posted by 中国龍 at 00:23| 【民商法】不法行為法・人格権法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。